カテゴリー
過去の記事
MOBILE
qrcode
<< テロワール日本酒に思う | main |
田毎の酒
0

    「田毎の月」姨捨の棚田に映える6月の月夜のこと。

     千枚田にそれぞれに月が映える様子を読んだ事になっていますが、姨捨サービスエリアから見ると、月はひとつの田んぼにしか映りません。

     それを実感するためには、夜道を畦に沿って走り下るしかありません。

    命がけなのです。

     

    「田毎のコメ」これは自然とそうなりますのに、敢えて、同じものを作ろうとしてるのが、日本の農業。

     

    「田毎の酒」これが私の願いで、日本酒の概念を根底から変える企画です。

     既存のやり方では、どの田でもどのコメでも、「蔵毎の酒」が得られるだけで、テロワールワインは越えられません。

     

    「これまでのやり方を変える」と、できます。

    ひとつが「工学的アプローチ」

     工学では、要求項が判れば処方が見えてきますので、問題を発見することが解決法なのです。

     

     田毎に変わるものは何か?田毎に変わらないものは何か?

    品種毎に変わるものは?変わらないものは?

     工学的にコメを紐解くと、それが見えてきます。

    そう。

    「酒作りにはコメを知らずして、変えること能わず」。

     

    「コメ作りを変えずして、コメ語ること能わず」。

     

    「コメつくり変えれば、酒造り変えるヒントあり」。

     

    多分に哲学的だが、科学的アプローチなり。

    これ。 来年のトピックス。

    | お酒の知識 | 09:52 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする